お問い合わせ
LINE
twitter
Instagram
YouTube

先輩スタッフからのメッセージ

「こころの花」ほいくえん登戸駅前

佐々木 先生

Sasaki Teacher
栄養士/2020年入職/栄養士3年目

「栄養士でも子どもとたくさん関われる職場!」

園見学で初めて伺った際、最初に私の目に飛び込んできたのがエレベーターから降りてくる子どもたち。どこへ向かうのかな?と思って見ていると、そこは厨房の目の前に広がる大きな部屋でした。「ランチルーム」と呼ばれる部屋で、子どもたちが食事をする場所でした。食事を楽しみにランチルームに入る子どもたちの姿を見て"まるでレストランみたい"と感じ、その光景を見たとき「ここでご飯を食べるんだ。賑やかで楽しそうだな」と思いました。

「こころの花」ほいくえん登戸駅前では厨房の目の前にランチルームがあり、私たち栄養士は子どもたちの食事の様子を"近くで"見ることができます。栄養士として、子どもたちの食べている表情や会話はとても気になるところ。また、毎日子どもたちと食事できることに幸せを感じています。こんなに子どもたちの食事に関わりやすい保育園はないのかなと思います!
わたし自身も子どもが大好きなので、そこにとても魅力を感じています。
そして何より、園見学の時に話を聞いた「こころを大切にする保育」に非常に心を打たれたのを今でも覚えています。

最近では、「先生!今日もおかわりしちゃった。だって美味しすぎるから!」と言ってくれたり「今日のお魚なんて名前なの?」と聞いてくれたりします。子どもたちとのこの何気ないやりとりがとても楽しく、嬉しく、やりがいにつながっています!
今後は、食育につながる玩具を作る事にも挑戦し、食育活動を通して子どもたちに食の大切さを伝えていきたいと思っています。